ちょっとスピリチュアル…かもしれない

メインブログの中から、スピリチュアル色のある記事を抜き出しました。なにかの専門家ではありません。日常の中で感じることを淡々と綴っています。数秘術やオラクルカードにはちょっと興味があります。

たまたま辿り着いてくださった方に感謝を込めて…

 

このブログは実はどこからもリンクしていないんです。
私個人が本当にメモ的に書きたいと思ったことを書いて、書くだけで気が
済んでいるのですが、いつのまにか読みに来てくださる方が徐々に増えている?
…ということになってきました。みなさま、いつもどうもありがとうございます。

 

たまーに忘れたようにしか更新しないと思いますが、
気が向いたときに覗きにいらしてくださったら嬉しいです(^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20171121194347p:plain

 

 

 

パパ、ありがとう

 

2006年の1月から2009年の10月まで、父の在宅介護をしておりました。

 

脳梗塞がもとで半身付随、寝たきりで身障者1級、さらには胃ろう、という父でしたが、介護と医療のプロの方々の手を借りてなんとか在宅介護をやり遂げました。

 

父はずっと死ぬのを怖がっていた人で、元気なときからよく丹波哲郎さんや江原さんの本などを読んでいました。自分なりに死後の世界を知りたいと思っていたと思います。

 

そういう父なので、胃ろうを造設するときも迷いませんでした。明確な介護の目的ができたので、私にはやり甲斐がありました。大変でしたけどね…。

 

もう8年前になりますが、父の死の前後で私が感じたこと、思ったことなどを書き留めてあったので、ここに改めて転載します。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下、2009/10/19の記事

 

父に対しては精一杯のことをしてあげられたので、「ああすればよかった」という後悔は全然ありませんでした。その意味では本当に私は幸せな子供だと思います。

 

 

9月末に退院した時点で「遠からずまた胸水が溜まることがあると思います」と言われておりましたので、すこしずつ覚悟のようなものをしていたかもしれませんし、素人介護の限界を感じていたのも事実ですが、やはり家族の心境としては一日でも長く一緒にいたかったです。

 

10月7日に先生が採血して帰られましたが、その時点で父の心不全の状況はかなり悪く、普通は138までという標準値がその10倍の数値になっていたそうです。長年の不整脈などの影響で、のちに聞いたことによりますと、父の心臓はすでにぼろぼろのようだったらしいです。そもそも脳梗塞の原因が心房細動により出来た血栓が脳に詰まったものですし。

 

酸素吸入を受けて、いくらか呼吸が楽になったような父でしたが、13日頃から徐々に尿の量が減り始めていました。それ以前に緩下剤を飲ませてもまるでお通じがないなあ、という状態がしばらく続いていましたし。13日の午後以降、尿取りパッドで確認出来る尿量がないため、先生が導尿チューブを入れて、尿量の確認をすることになりました。が、14日は500ccにも満たず、15日は100cc前後という極度に低い数値だったため、腎臓がかなり弱っているということは容易に推測出来ました。

 

並行して血圧が低下傾向にあり、脈拍がかなり少なくなりつつありました。そのために時間外に看護師さんに何度も駆けつけてもらったり、先生にも往診してもらったり、ケアマネEさんは3日連続で詰めていてくださいました。「いいかげんな介護の家族だったら、こんなに私も真剣にはなりません。ご家族が頑張っているから、私も最大のお手伝いをしたいと思ってます」とEさん。Eさんには本当に親身に相談にのっていただきましたし、本当に悩みも愚痴もなにもかも打ち明けていました。母は「もう家族と同じだと思ってる」と言いますし。

 

15日の早朝、血圧がかなり落ちました。話しかけても反応がなく、体温も低いようです。往診に来られた先生の顔もかなり深刻です。実はこの時、父は一度三途の川を渡りかけて戻って来たようです。私も半分くらいは覚悟を決めていましたので、冷たい父の頬にぴったりと自分の頬をくっつけて、手を握って耳元で話しかけていました。もちろん涙がぼろぼろです。母も弟も一旦は父に別れを言う覚悟でいたようです。

 

けれども父の生命力というか、精神力は誰もが感嘆されるほど強かったようで、私がぴったりくっついているうちに、体温も血圧も戻ってきたんですよね(^^;) お昼頃には何度かくしゃみも出ましたし、しっかりと眼を覚ましてもいましたし、「これはもしかするとまた回復してくれるのかも…」とその日はみなで喜んだんですが…。

 

ちょうど10月13日が55回目の結婚記念日だったから、母が「いままでありがとう」などど言ったため、看護師さんに怒られていました(^^;)「お母さん、そういう、いまにも死にそうな相手に言うセリフを言うたらあかん!そういう時は『60年目まで頑張ろうね』と言わないと…」と。

 

ケアマネさんにはすでに父のこの時の状態が驚異だったらしいです。すでに脈拍は30台に落ちていましたし、その脈ではっきりと意識があるのが信じられないことだったようです。しばしば吐き気が襲ってきて、痰だけではなく、濃い色の胆汁が出ます。とても苦しそうです。

 

看護師さんでもあるケアマネEさんの話で「尿が止まってしまうと、大体24時間以内」という深刻な状況にあることを示唆されました。母と弟、私と3人が交替で夜も見守りつる日が3晩続きます。さすがにそれだけ睡眠不足ですと頭も朦朧としてきます。けれども夜中に覗いても父は大抵しっかりと眼を開けていました。寝たきりになってからの父の目はいつも綺麗に澄んでいましたが、このあたりからさらに透明感を増していきます。

 

体調が悪いとか、酸素濃度が低いとか、そういう時には必ず上方固定していた眼ですが、この最期の2日間はまったくそういことにはならず、しっかりした知性の眼でした。

 

14日と15日の両日に父を訪ねてくれた人たちは看護師さんが6人、入浴サービスの人たちは会社ぐるみで入れ替わり立ち替わり仕事の合間に尋ねてくれて、父を励ましてくれます。事務所の全員が来られましたので、20人近かったですね。多い時には看護師さんが4人、処置に来られてました(^^;) かかりつけの先生は超多忙の診察の合間を抜けて、一日に昼夜を問わずに5回も往診してくださいました。

 

うちの前が自転車とミニバイクで一杯になります。うちの事情を知らないご近所さんが「何事ですか?」と驚かれてたようです(^^;) こんなに多くの人に愛されていたんだなあ、と思うと素直に感動しましたし、感激もしました。ものすご~く嬉しかったんですね。「お父さんとお母さんの人徳ですね」とも言われましたが、確かにそうだな、と思いました。

 

 

普通、父のような病人ですとそばで話していることが理解出来ないばかりか、意識がないのが普通らしいんですが、どうも父にはすべて聞こえて、すべて理解出来ているらしい、という確信が生まれました。父のまわりで関わる人たちや親戚たちの話の内容で、自分の死期が近づいていることをはっきり理解していたようです。そばで看ているとそういう話の内容で、父がパニックに陥り、それで余計に呼吸も乱れていることがわかってきました。「パパ、頭がクリアー?」と尋ねると「うん」と微かな返事。

 

なにしろ死ぬのが怖い人ですから、そういう風に怖がらせると余計に可哀想ですしね~。15日の夜から16日の朝にかけて、父を落ち着かせたい、と思ってそばで手を握っていた私の口から「魂の眼が開いたね」という言葉がするっと出ました。父と対峙していると自分が言っていることが真実だ、という不思議な確信がどんどん強くなってきます。特定の宗教も、なにも関係がない美しい世界のことが私の頭にもクリアに見えてきまして、それをそのまま伝えればいいんだな、と思いました。

 

夜中にお腹が微かに鳴る音が聞こえました。空腹のような音です。父が微かな声で「ごはん…」と言いました。とことん生きようとしていたんだと思います。「先生に許可をもらってからにしようね。吐き気があると苦しいでしょ?」「うん…」すでに胆汁が出るようになってからはPEGにはなにも入れていませんでした。苦しいだけだと言われていましたので。

 

この夜、父はずっと眼を開けていました。閉じてそのまま眠ってしまうのが怖かったんだと思います。

 

「大丈夫。怖くないよ。私がついてるでしょ。ずっとそばにいてあげる。怖いことも心配なこともなにもないよ。私らはずっと一緒だよ。またすぐに帰って来れるからね。大丈夫。静かにゆっくりと息をして。リラックス…。リラックス。だいじょうぶ…大丈夫…。」…というような語りをずっと続けていますと、父はしっかりと視線を合わせて私の話を聞いてくれています。

 

母が「恭子がいいの?」と聞くと「うん…」という微かな返事…。本当に真剣に聞いてくれていたようです。

 

それを一晩中続けたかったんですが、哀しいかな、私の寝不足も限界にきてまして、母に交替すると母は父の手を握りつつ、ずっと静かな子守歌を歌っていました。明け方もずっとそうやって父を落ち着かせていて、弟にタッチして10分後、「呼吸が止まった!」という弟の声で母と私は飛び起きます。

 

 

1分ほどの呼吸停止。しばし見守ると再度呼吸再開。でも確かにわかりました。もうじきだな、ということが。弟が先生に電話して先生もすぐに駆けつけてくださいました。もうその時は数時間前までは強かった右手の力もすっかりなくなり、口が動くだけの息にならない呼吸が何度かあります。「下顎呼吸やね」と先生。「多分もう1,2回」。母と私が父の両頬にくっついて、もう出てくる言葉は「ありがとう」しかないんですね。父は母と私のことが心配で、ただただ精神力のみで頑張ってくれていたんだと思います。「私、これからも頑張るから!心配しないで!」と言った他はひたすらに「ありがとう」ばかり。世話させてもらえて嬉しかったよ、幸せだったよ。いい人にいっぱい会えたよ。いままでありがとう。ありがとう…。

 

先生の言葉のとおりに父の呼吸は静かに止まり、その後再開しませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

しばし後に最初からずっとお世話になっていて、父が最も信頼していた看護師のAさんが同僚のSさんと二人でエンジェルケアに来てくださいまして、父もすっかり綺麗にしていただきました。お気に入りの大島の着物を着せてもらって、最期までずっと右手に握っていたくまさんのミニぐるみとお数珠を手に持って。

 

伯父や叔父夫婦、Eさんが来られて、葬儀の次第と役所関係の緒手続の相談になります。寝不足でぼーっとしている母と私に代わって、葬儀の詳細は叔父が主に細かく手配してくれまして、Eさんは私と区役所に。ぼーっとしている私を横に座らせておいて、とり合えず必要な手続き全部をやっていただきました。もう、Eさんの家の方向に足を向けて眠れないくらいにお世話になりました。

 

帰りのタクシーを待つあいだ、私がEさんに「ふと気がついたら今朝は私、精神安定剤とか、救心とかも飲んでなかったけど、不思議と全然動揺していないみたいです」と話すと、「やり遂げた、という気持ちの方が大きかったんじゃないですか」と言われました。きっとそうですね。生きているあいだに父にしてあげたかったことは全部出来たと思います。

 

帰宅しますと、葬儀社の担当の方が父のベッドまわりを整えていてくれまして、「いいお顔をされてますね」と言われます。エンジェルケアの直後には眼も口も閉じさせていただけたはずなんですが、気がつくと父の左目と口がうっすらと開いています。「このお顔はお釈迦様が入滅された時のお顔を同じだそうです。大変の徳の高い仏様ですね」と言われまして、それを聞いて、ああ、よかった、父は本当にいい所に行けたんだ…という安堵の涙が流れました。

 

父は私のスピリチュアルな迷いを断ち切るように、非常にしっかりした小さな奇跡のようなものをたくさん残してくれました。その意味でも私の充足感は大きいと思います。きっと寂しさはあとでじわじわくるんでしょうけれど…。

 

ここまでのことで私は充分に満足しましたので、お葬式はおまけだと思っていました。その「おまけ」でもまたいろいろなことがあったんですが、それはまた後日…。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20171121195337j:plain

 

 

 

 

瞑想とグラウンディングー特別なことは必要ないー

 

モニタの前で瞑想すること


私はMacを立ち上げると、毎回まずメーラーとブラウザを起動して、真っ先にメールチェック、それからアンケートやブログなどのチェックをすることがほとんどで、ほとんどの時間はメーラーとブラウザは繋ぎっ放しになっています。新着メールがあると通知してくれるのですが、これがわりとよく「気がつかない状態」になっていて、ふと見るとメールが数十通溜まっていたりすることがあります。

 

そういうのは大抵、左手にペンを握って作業をしている時です。お絵描きもですが、フォトレタッチとか画像関係に作業で左手を使う時はよく集中モードになります。

 

自分ではこれは瞑想に近いんじゃないかと感じています。あと読書に集中している時もそうだなあ…。あんまり雑念が入らない状態の時ですね。

 

自分の性質を考えるとうかつに本当の瞑想をするのが怖いのです。そんなにメンタル弱いと思いませんが、特に精神疾患のある人は、あっちに行っちゃって帰ってこれなくなる危険があると思っていますし…。そういうことをしなくても危険のない方法である種の境地に至れるのが創作じゃないかと思っています。

 

そもそもイメージなりアイデアなりが降りてこないとなにも出来ませんから… (ーー;) ペンタブのペンを握るというのが入り口かもしれないとふと思いました (^_^;)

 

こういうことって人それぞれあるんだと思います。無心に身体を動かしている時とか、クリエイティブな作業に夢中になっている時とか。

 

あとに快いわずかな疲労感とすっきりした気分が残るのがいいですね(^^)

 

 

 

ある種のマインドフルネス?

 

「地に足をつける」=「グラウンディング」って言うんですか。

 

意識しなくても目の前の生活をひとつひとつしっかりこなしていくのがグラウンディングそのものだよなあ、と思います。

 

二十歳前後の頃はよく魂と肉体が距離があって、ふらーっと意識が離れそうな時があったんですが、責任を持って生活しているとそういうことには二度とならないと感じています。

 

意識した瞑想が必要ないと思うのも、それと同じかな。

自分が生きてきて見つけてきたことが一番確かだと信じられるからかも。

精神の奥にもっとなにか本質的なものを感じるんですが、そういうのが魂なのかもしれませんね。

 

ちょっとやそっとの絶望じゃ折れないの。

 

…いや、折れそうになっても柳の枝のように大きくしなって時間をかけて戻る。…そういう強さが身につくのかもしれません。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20171101094432j:plain

 

 

 

 

 

宇迦之御魂神さまに感謝を…

 

今回の台風で被害を受けられた方には心よりお見舞い申しあげます。

 

 

 

そういう時に申し訳ないんですが、やっぱりこのへんは台風被害を受けないように

宇迦之御魂神さまに守られている気がして仕様がありません。

 

だって、ここにはもう50年以上住んでいて、何度も台風が通り過ぎて行ったけど、

いつも被害はありませんでした。

 

これは素朴な農耕神である宇迦之御魂神さまのご加護に違いない、と

私が思っても無理ないのではないでしょうか…?

 

幼少時から氏神様の如くに慣れ親しんでいる神さまですから…。

 

いつもお参りするときにはその感謝を述べてくるのですが、次にお参りしても

やっぱりそうなると思います。

 

我ながら、自然信仰の始まりを見るような思いがしますけどね (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170919210357j:plain

 

 

 

 

 

 

 

お天道さまと守護霊さまと…

 

私は自分を守ってくれる存在のことを感じることはある。(悪霊は感じない)彼らは決して甘やかさない。かなり厳しいけど、諦めてしまう、その寸前の手助けに愛情を感じることが多い。

 

魂の修行を余儀なくされている。だから厳しくとも感謝ができる存在ではある(^_^;)

 

…多分、守護霊というのはこういう存在なんでしょうね。

 

 

 

 

記憶の原点は祖母の話

 


明治30年生まれの祖母は、母親が早くに亡くなって、父親が再婚するために、邪魔にならないように、とわずか8歳で妹と一緒に奉公に出され(ひどい話ですよね)、小学校にも1、2年しか通っていませんでした。ですが自分で努力したのだと思います。新聞も読みましたし、幼い私にいつも絵本を読んでくれたのも祖母でした。

 

その祖母がよく言っていたことがあります。「おてんとさんが見たはるから…」と。ほとんど満足な教育を受けていない祖母ですが、この言葉は詳しい説明不要で私の心の中にすーっと入ってきて、いまでも多大な影響を与えていることに気付きました。

 

お天道様が見てる

 

読み方:おてんとうさまがみてる・おてんとさまがみてる
別表記:お天道様が見ている

人間の悪事に対して、ほかの人間が誰も見ていなくても太陽はきちんと見ているのだから、どんな時でも悪事ははたらかぬべきだと説く語。お天道様がそのまま太陽を意味することもあれば、神や仏といったものの象徴として扱われることもある。
                

                ー実用日本語表現辞典ー


 

宗教なのか道徳なのか?

 


最近では死語に近いのかな?

 

「お天道さま」は神仏のようでもあり、太陽そのもの、宇宙そのものでもあり、人間の良心や倫理、道徳のようでもあります。

 

たとえ人が見ていなくても悪いことをしてはいけない。それは当然ですが、もっと細かなあれこれについても常に自分の良心と相談して決める上でかなりの指針みたいなものになっていたような気がします。

 

誰も見ていないけど、でもブレーキをかけるのも人助けのために勇気を出すのにもこの「おてんとさん」の存在って大きな位置を占めていた気がします。

 

誰にも知られなくても人を傷つけたり、泣かせることはしない、というのは当然ですが、誰にも褒められなくてもいいと思ったことをやる、というのもそういう感じかな?と思います。

 

生まれつきのマイナス要素とか、後天的なマイナス要素とか、少しでもゼロに、もしくはプラスの方向に近づけるために努力する。

 

アスリートみたいに人の眼に見える結果じゃないし、努力していることも人には気付かれない、そういうとても地味なことなんだけど、でも誰も知らなくても、自分自身と「おてんとさん」は知っているからそれでいいと思ってまた頑張れるんですよね (^_^;) 私は時々自分で自分を褒めてますが… (^_^;)

 

その正体はよくわからないけど、心の中にそういうものがあるのって、結構大事なことじゃないかな?と思います。そういうことを教えてくれたおばあちゃん、ありがとう (^_^;) 昔の人はそういう素朴な指針を持っていたのかもしれません。

 

おてんとさんじゃなくても満月も私は苦手ですが。どこまでもついて来る。ずーっと見られてる月の視線。人類が月面に降りても月はやっぱりどこか怖いです(>_<)

 

 

 

因果応報みたいなものもあるかな

 


おてんとさんが見てるのに、見てないつもりで悪いことをすれば相応の報いも返ってくる、ということも暗にありそうな気がするな。この辺は仏教的??「おてんとさん」=「天」でもありますよね。

 

「天に徳を積む」とか。これはいいことが自分ではなくても、子孫に戻ってくるかもしれないから、という感じです。これもなんとなく理解している気がします。アニミズムなのかなあ…?

 

うちの母は「全然知らん人でも親切にしていおいたら、いつかあんたらが困った時に親切にしてくれはる人があるかもしれんし…」と言いながら他人の世話を焼いていましたが、それもいつも見てたから自然にそう思えるようになりました。

 

別に自分自身に見返りはなくていいんだよね。はるか未来で関わりがあった人たちや自分の子孫とかに巡り巡っていくのならそれでいいと思っています。これを誰が知っていて見ていてくれるかというとやっぱり「天」なんですよ。

 

うーん…。この曖昧なものはなんだろう?と思うんですが、なにしろもう感覚的に子供の頃から自分の中にあるから…。

 

この感覚を持っていると絶対に悪いことは出来ないんですよ。自分の中に「天の視点」みたいなのものがあるから…。良心が痛むのはもちろんですし、まず自分が許せないです。

 

既成のどの宗教ともたぶん違うと思いますが、道徳的なものも含めた「なにか」のような気がします。

 

 

 

…すいません。結論が出ませんでした〜(>_<)

 

 

 

相性の問題かも 

 

そういえば私はかなり前から、パワーストーンのアクセサリ(特にブレスレット)やパワースポットと言われる場所の意義を感じなくなりました。

 

ブレスレットは特にクルスドミナンスな私には邪魔でしようがない存在なんですが、石のひとつふたつ、綺麗なものを机に置いておいてもいいかな?と思っていたけど、やっぱりこれも邪魔でしようがない。

 

別になくても問題ないよね、という結論に至りました。少なくとも石のおかげでなにかいいことがあったとはとても思えないですし…。

 

パワースポットは人それぞれだと感じています。その人の相性がいい場所。

 

社寺仏閣でなくても、自分の部屋だったり、お気に入りの公園とかでも不思議じゃないですよね。

 

私の場合、相性がいい場所は伏見稲荷大社の他には厳島神社とか鞍馬寺あたりです。それと居心地がいい、このMacの前と、自分のベッドもそうかな。イメージが溢れてくるのが私にとってのパワースポット。別に瞑想する必要もありません。きっとそれ以上に相性がいい場所ってないと思っています(^_^;)

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170823205238j:plain

 

 

 

 

 

 

初期のインディゴチルドレンはつい見る目が厳しくなる

 

かなり以前からそう思っていたんですが、私はごく初期のインディゴチルドレンのカテゴリに収まるような感じですね。要するに価値観が違うのと、ユニークであることとか、それゆえに孤独で生き辛いとか。まあ、理由はなんでもいいんですが…。

 

たまたま見つけたこのブログの記事の中に描かれているインディゴチルドレンの特徴に見事に全部あてはまりますね… (ーー;) 

 

ameblo.jp

 

【インディゴチルドレンの特徴(パイオニアだけに限らず)】

 

嘘をすばやく見抜く

自分には誤魔化しが通用しない

根拠はなくても、何か「知っている」、「分かってる」という感覚がある

人生に対して、独自の哲学がある

全てを見透かすような真っ直ぐな目をしている

一般的に我が強いと思われるような言動をする

人生の先が見えているような発言や行動をする

戦士のように気性が激しく気が強い反面、限りなく優しく思いやりがある、という二面性がある

チャレンジ精神旺盛

飽きっぽい

直観力や共感力が極めて高い

人やエネルギーの影響を受けやすい

尊厳を漂わせながらも、無邪気な子供のような面もある

嘘やたてまえが嫌い

裏表などの複雑な人間の心理が苦手

誰にも理解されない「孤独感」を抱えている

霊的に敏感

現実感が乏しい

夢や理想が大きい

人から理解されにくい(変わり者に思われる)

疲れやすく、虚弱体質になりやすい

人間関係で問題を起こしやすい

ルールに従うことが苦手

自由な発想と表現力、独自の世界観を持っている

自分には使命があると感じている

使命を薄々感じているが、それが何か分からず、焦って迷走してるインディゴたちも多くいます

深いレベルで悲しみや怒りを感じている

芸術的センスが高く、創造力がある

 

 

 

特に「知っている」「わかっている」という感じは歳を減るごとに強くなります。読んだ本に描かれていること、人との出会いを通じて思うこと、なんだかかなりの既視感があるのです。

 

まあ、別にそうであってもなかっても、あんまり関係はないですが。

 

でもこの人生、相当厳しいものがあるので、どうしてここまで厳しいのを選んだか?という気がなきにしもあらず… (ーー;)

 

それゆえに若い世代の人たちに対して、「あんた達、まだまだ甘いわよ」とうっかり言いそうになって、気を引き締めております。でもホントに甘いと感じることは多々あり過ぎるけど…。

 

この人生に使命があるのなら、どこまでも孤独だと認めざるを得ませんね… (ーー;)

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170724200324j:plain

 

 

 

 

 

 

ささやかな願いと祈り

 

直感は予知してたのかな?

 

ちょうどバレンタインの日に、ネットのお知り合いであるMさんの奥様のおめでたのニュースを知りました。

 

これはお祝いのメッセージを送らないとなあ、とすぐに思ったんですが、なぜだか「おめでたいこと」だという気持ちがどうしても湧いてこなくて、これはどういうことかと、かなり悩みました。

 

上のお子さんたちの時にはまったくそういうことなかったんですよね。なのに今回に限ってどうしてお祝いが言えないんだろう?たとえコメントでもいいから一言なにか書き込めばいいのに…。

 

それなのに不思議な心の抵抗があって、結局おめでとうのメッセージは伝えられないままでした。

 

そうしましたら、今度は昨夜になって悲報が入ってきました。奥様が流産されたということでした。

 

もしかして、これのせい?だからためらったのかなあ?自分でもわかりません。哀しいことですが、母体がお元気らしいのがなによりだと思います。先に希望を持っていただきたいと願っております (^_^;)

 

なぜかわからないけど、こういうことってありますよね。私の場合はほとんど「直感」になりますが、予知というほど大げさでもなんでもないけど、あとになってから、「ああ、これだったのか」と納得するパターン。

 

こういうものが上手く働けば、あるいは大切な人の危機を避けられたりすることもあるかもしれないなあ、と思いました。

 

 

願いと祈りと…

 

私はよく東日本大震災関連の実話エピソードを集めた本を読みます。

家族の絆とか愛情とか、もう本当に泣けるばかりですが、そういう時に危難に際しての直感の重要性みたいなものを感じます。

 

呼び覚まされる 霊性の震災学

呼び覚まされる 霊性の震災学

 

 

 

魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─

魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─

 

 

 

震災後の不思議な話 三陸の怪談

震災後の不思議な話 三陸の怪談

 

 

大自然が相手の災害ですが、ささやかに家族や身内を守るために、祈りが有効になることだってあるかもしれないと思っています。

 

で、去年の今ごろに私が描いたのがこの龍の絵です。

富士山の女神(コノハナサクヤヒメだと思います)に山の鎮めをお願いしました。

 

↓ 詳細はこちらにありますが。

 

聖なるもの16 祈り

 

私の甥や姪は富士山の近くに住んでいるので、噴火とか地震とかあって欲しくないし、もっと広い意味での「お守り」のつもりで描きました。

 

自室にも母の個室にも飾ってありますし、姪の所にも送りました。気に入ってくださたったかたはスマホの壁紙でも、ポストカードでもなんでもお好きに加工して身近で愛用してくださると嬉しいです (^_^;)

 

宗教関係ありません。私の願いと祈りだけ入っています。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170326115850j:plain