ちょっとスピリチュアル…かもしれない

メインブログの中から、スピリチュアル色のある記事を抜き出しました。なにかの専門家ではありません。日常の中で感じることを淡々と綴っています。数秘術やオラクルカードにはちょっと興味があります。

たまたま辿り着いてくださった方に感謝を込めて…

このブログは実はどこからもリンクしていないんです。私個人が本当にメモ的に書きたいと思ったことを書いて、書くだけで気が済んでいるのですが、いつのまにか読みに来てくださる方が徐々に増えている?…ということになってきました。みなさま、いつもどうも…

愛情と執着

これってお妖さんも言ってたけど、知ってます? 亡き家族への一番の供養はお墓参りとかじゃなくて、 遺された家族が日々充実して笑って生きてくことなのよ。 亡き人に心配かけないようにすることなのよ。 逆縁見ちゃうとどうしても長く悲しむ人がいますけど…

良き自立と相互依存について

「あなたのことが好きだから、あなたを大切にしたいです。 そしてあなたが好きな私自身のことも同じくらいに大切にします」 っていうのが「良き自立と相互依存」になると私は思ってる。 相手を大事にするために自分も大事にする。 ちゃんと出来れば無理も矛…

明るいお葬式 (^_^)

メインサイトからの転載です。 そろそろ喪中はがきの印刷をしないと、と思いつつなかなか進みません。 原稿はすでに出来ているのに…。 母の葬儀は無宗教で音楽葬みたいに、母の好きなジャニーズの曲で送りました。特養の個室でも聴いていた少年隊とSMAP。 お…

死ぬのにもタイミングがある

私は運命論者ではないんですが、人の生死には天命みたいなものとの関わりがあって、 どんな病気でも事故でも事件でも自殺でも、その人がこの世でやるべきことが 残っていれば、生き延びるような気がしています。 誰にも発見されずにひっそり亡くなられるケー…

「うらめしや」の世界観が好きです

魔木子さんは同人誌の時代から知っている漫画家さんです。 かれこれ30年くらい前からかも… (^_^;) 同人誌時代には主にBL作品を描かれていましたが、レディコミでデビュー。 これはとても長く続いているホラーというか(怖くないです) 時代物というか。 生ま…

魔境なんだろうか?とも思ったこと

一昨年あたりからなんですが、たまたま興味を持って手にした本の内容がことごとくデジャヴを感じる、と言う状況になっております。 確かに初めて読む本なのに、その内容はすでに知っていた、と言うケースですね。いつ?どうして自分がそれを知っていたのかわ…

お天道さまが見ているから

私の両親は霊的なことに関心があり、それぞれに自分の納得出来るものを 学んでいた人たちでした。 私自身も現世を越えるものについて、肯定する感覚はあります。 そのおかげで肉体が無くなっても存在を身近に感じるのかなあ?と思う。 感じるものがあるから…

幸せに死ねるコツがわかった気がする

母が亡くなりました。 メインブログの方に書いているので、そちらをお読みいただけると ありがたいですが…。 haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp いまたぶん、…

不思議は次元のレイヤーを越えて存在する

不思議を愛する家でした うちの家族は昔からわりと「見えない世界」に関心がある家族でした。 かのオウムの地下鉄サリン事件を初めとする一連の事件が起きるまでは、テレビでも結構そういう話題を取り上げていたんですね。当時よくお見かけしたのは宜保愛子…

調舒星は私らしさの半分を作る星

この話題、こちらにも書いておきますね(^_^;) 人は運命のギャップに戸惑うんだと思う いきなり穴に落ちるような感じ…? 先週、マッサージの先生といろいろ話していたんですが、なにしろ10年以上の長いおつきあいのうえ、寝たきりで動けない患者さんのところ…

魂の既視感、とでもいうのだろうか?

論理的な私 私は他の人も認める、きわめて論理的な人間です。 絵を描く時はともかくとしても、文章を書いている時は左脳がメインで働いていると思います。インプットもアウトプットも左脳人間なんですね。 ですから私の意識にあるスピリチュアルなものも、か…

イマジナリー・フレンドの底力を実感するとき

イマジナリー・フレンドとはなんぞや? イマジナリー・フレンドとはなんぞや? 多くの子供が幼い頃に持っていた自分だけの「空想の友達」というのが基本的説明です。決して異常なことではなくて、正常な発達にかかせない要素だと言われています。大抵は成長…

現実の「共感」と内なる「共感」に救われる

★2017年1月21日の記事の再掲です 介護の「共感」に救われる 昨日はいつもの看護師さんが弟のところに上がる前に、私のところに来てくださったので、しばらく話をすることができました。 それで看護師さんに「家族としてお母さんにしてあげられることは十分し…

パパ、ありがとう

2006年の1月から2009年の10月まで、父の在宅介護をしておりました。 脳梗塞がもとで半身付随、寝たきりで身障者1級、さらには胃ろう、という父でしたが、介護と医療のプロの方々の手を借りてなんとか在宅介護をやり遂げました。 父はずっと死ぬのを怖がって…

瞑想とグラウンディングー特別なことは必要ないー

モニタの前で瞑想すること 私はMacを立ち上げると、毎回まずメーラーとブラウザを起動して、真っ先にメールチェック、それからアンケートやブログなどのチェックをすることがほとんどで、ほとんどの時間はメーラーとブラウザは繋ぎっ放しになっています。新…

宇迦之御魂神さまに感謝を…

今回の台風で被害を受けられた方には心よりお見舞い申しあげます。 そういう時に申し訳ないんですが、やっぱりこのへんは台風被害を受けないように 宇迦之御魂神さまに守られている気がして仕様がありません。 だって、ここにはもう50年以上住んでいて、何度…

お天道さまと守護霊さまと…

私は自分を守ってくれる存在のことを感じることはある。(悪霊は感じない)彼らは決して甘やかさない。かなり厳しいけど、諦めてしまう、その寸前の手助けに愛情を感じることが多い。 魂の修行を余儀なくされている。だから厳しくとも感謝ができる存在ではあ…

初期のインディゴチルドレンはつい見る目が厳しくなる

かなり以前からそう思っていたんですが、私はごく初期のインディゴチルドレンのカテゴリに収まるような感じですね。要するに価値観が違うのと、ユニークであることとか、それゆえに孤独で生き辛いとか。まあ、理由はなんでもいいんですが…。 たまたま見つけ…

ささやかな願いと祈り

直感は予知してたのかな? ちょうどバレンタインの日に、ネットのお知り合いであるMさんの奥様のおめでたのニュースを知りました。 これはお祝いのメッセージを送らないとなあ、とすぐに思ったんですが、なぜだか「おめでたいこと」だという気持ちがどうして…

「魂の視点」と生きる勇気と励みとー

表のブログに書いた記事ですが、こちらにも。 スピリチュアルな用語を使わずに私なりに感じたりしたことを書くとこうなるかなあ?と思います。 きわめて個人的なことなので、どうしようかと思いましたが、メモ的に書き留めておこうと思います。 こういう話は…

前世と現世に関するリーディングの結果の一部のメモ

先日、スーパームーンの影響で非常に心が不安定になって、またIさんに相談させていただきました。 今度は前世の経験などが現世にどういうふうに影響してるか?というカテゴリの相談でした。 場所が「ココナラ」だけあって、とてもリーズナブルな価格で、膨大…

生者と死者の安らぎと無事を祈ることについて

メモとして…。 先日、ふと悩んだことがありました。 自分は無宗教ですし、特別な信仰を持たない人間です。 けれども自分の愛する人や大切な人の「無事を祈りたい」ということはたびたびあるのですね。自分のことはあまり祈らないのですが。 そういう場合に「…

ホロスコープで見た いままでの30年ちょっとのこと

10月16日の記事の再掲です 30年以上かな?久々に作ったホロスコープ 20代の頃、私もいろんなものに興味があって、心理学的なものもそうですが、その当時は細密な占いともあんまり自分の中で境界がなくて、ともどもにその関係の本を読んでおりました。 で、ふ…

気分転換に無料姓名判断してみた(本名です)

我が家は代々、子供が生まれて、名前をつける時には、前もって候補をいくつか 絞ってから、姓名判断してもらってから、決めることになっております。 両親や私と弟、それに甥や姪もそうやって判断してもらっています。 どうしてわざわざ姓名判断するのかとい…

伏見稲荷の神様は相性がいいとすごくご利益があるようで…

作ったはいいけど、放置状態になっているこのブログ、どうしようかと思っていたけど、ネタ的体験をしたので、こっそりと更新します。ご縁がある方だけがお読み下さればいいや、と思っています。 こういうジャンルは読者を選びますしね(^_^;) この夏私はパニ…

マヤ暦 神聖暦ツォルキンが示す人生

マヤ歴を使った占いというのがあります。 他の占いに比べていまいちメジャーではありませんが、結構昔から存在するらしく、私が知ったのは20世紀、まだ「エルフィン」という雑誌を愛読していた頃でした。 エルフィン - Wikipedia で、ふと思い出して、検索し…

あれって「霊視」なの?

Facebookの方で、スピリチュアルに詳しい方とやりとりをしていてわかったことなんですが…。 私は本当に金縛りにあったこともなければ、幽霊も見えないし、まったく霊感はない、と思っていた人間なんですが、いまから30年近く前に、こういう体験をしました。 …

誰かが力を貸してくれる 不思議な経験

2015年10月17日の記事の再掲です 人間の心と身体には思った以上に密接な関係があるようだと思いますが、私の場合、わりと自分でも危機対応に備えて身体が変化する瞬間、っていうのを体験してるんですよね。 もともと子供時代は人ごみに行くだけで翌日に自家…

私が感じるあの世とこの世の近さについてーPray for Peaceー

私はよく死者に向かって心の中で語りかける、ということをします。自分の家族はもちろんですが、生前親しくて知っている故人に対してもそうです。これは誰に言われたことでもなくて、子供の頃からずっとやっていることなので、常にこの世とあの世との距離の…