ちょっとスピリチュアル…かもしれない

メインブログの中から、スピリチュアル色のある記事を抜き出しました。なにかの専門家ではありません。日常の中で感じることを淡々と綴っています。数秘術やオラクルカードにはちょっと興味があります。

生きることと死ぬこと

今日のつぶやきから…

母が亡くなって半年。3年間通った特養に行かなくなって半年。 ちょっと寂しい。もう部外者だから行けないけど、時々ふっと あの場所にまだ母がいても変じゃない気分になる。 もうとっくにこの時空間にはいないんだけどね。 この感覚は不思議だなあ…。 大切…

愛情と執着

これってお妖さんも言ってたけど、知ってます? 亡き家族への一番の供養はお墓参りとかじゃなくて、 遺された家族が日々充実して笑って生きてくことなのよ。 亡き人に心配かけないようにすることなのよ。 逆縁見ちゃうとどうしても長く悲しむ人がいますけど…

明るいお葬式 (^_^)

メインサイトからの転載です。 そろそろ喪中はがきの印刷をしないと、と思いつつなかなか進みません。 原稿はすでに出来ているのに…。 母の葬儀は無宗教で音楽葬みたいに、母の好きなジャニーズの曲で送りました。特養の個室でも聴いていた少年隊とSMAP。 お…

死ぬのにもタイミングがある

私は運命論者ではないんですが、人の生死には天命みたいなものとの関わりがあって、 どんな病気でも事故でも事件でも自殺でも、その人がこの世でやるべきことが 残っていれば、生き延びるような気がしています。 誰にも発見されずにひっそり亡くなられるケー…

お天道さまが見ているから

私の両親は霊的なことに関心があり、それぞれに自分の納得出来るものを 学んでいた人たちでした。 私自身も現世を越えるものについて、肯定する感覚はあります。 そのおかげで肉体が無くなっても存在を身近に感じるのかなあ?と思う。 感じるものがあるから…

幸せに死ねるコツがわかった気がする

母が亡くなりました。 メインブログの方に書いているので、そちらをお読みいただけると ありがたいですが…。 haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp haruusagi-kyo.hateblo.jp いまたぶん、…

魂の既視感、とでもいうのだろうか?

論理的な私 私は他の人も認める、きわめて論理的な人間です。 絵を描く時はともかくとしても、文章を書いている時は左脳がメインで働いていると思います。インプットもアウトプットも左脳人間なんですね。 ですから私の意識にあるスピリチュアルなものも、か…

パパ、ありがとう

2006年の1月から2009年の10月まで、父の在宅介護をしておりました。 脳梗塞がもとで半身付随、寝たきりで身障者1級、さらには胃ろう、という父でしたが、介護と医療のプロの方々の手を借りてなんとか在宅介護をやり遂げました。 父はずっと死ぬのを怖がって…

お天道さまと守護霊さまと…

私は自分を守ってくれる存在のことを感じることはある。(悪霊は感じない)彼らは決して甘やかさない。かなり厳しいけど、諦めてしまう、その寸前の手助けに愛情を感じることが多い。 魂の修行を余儀なくされている。だから厳しくとも感謝ができる存在ではあ…

「魂の視点」と生きる勇気と励みとー

表のブログに書いた記事ですが、こちらにも。 スピリチュアルな用語を使わずに私なりに感じたりしたことを書くとこうなるかなあ?と思います。 きわめて個人的なことなので、どうしようかと思いましたが、メモ的に書き留めておこうと思います。 こういう話は…

私が感じるあの世とこの世の近さについてーPray for Peaceー

私はよく死者に向かって心の中で語りかける、ということをします。自分の家族はもちろんですが、生前親しくて知っている故人に対してもそうです。これは誰に言われたことでもなくて、子供の頃からずっとやっていることなので、常にこの世とあの世との距離の…