ちょっとスピリチュアル…かもしれない

メインブログの中から、スピリチュアル色のある記事を抜き出しました。なにかの専門家ではありません。日常の中で感じることを淡々と綴っています。数秘術やオラクルカードにはちょっと興味があります。

生者と死者の安らぎと無事を祈ることについて

メモとして…。

 

先日、ふと悩んだことがありました。

自分は無宗教ですし、特別な信仰を持たない人間です。

けれども自分の愛する人や大切な人の「無事を祈りたい」ということはたびたびあるのですね。自分のことはあまり祈らないのですが。

そういう場合に「どこのなにに対してどういうふうに祈ればいいのか?」という疑問でした。それと故人の供養についても…。

 

相談にのってくださった方はじっくり時間をかけて解答をくださいました。

非常に長いものなので、そのうちの一部だけメモとして転載しておきます。

本来は私以外の方が読まれてもあんまり意味はないのかもしれませんが、もしもどこかに同じような悩みを持たれた方がいらしたら、その方のために…と思いました。

 

 

 

以下、いただいたメッセージになります。

ーーーーーーーーーーー

 

この度は、真摯なメッセージを本当にありがとうございます。
ご自分を投げ打ってでも奉仕したいという思い、それは博愛の精神と呼ばれるものです。

偉大なる方々、また霊性の非常に強い方々は、時に精神の均衡を崩し、現代では、そこに病名がついてしまうのですが、古来では、その精神を病気という形で括ることはありませんでした。

藤本様は非常に稀有な魂をお持ちでいらっしゃいます。
「心の知恵」というものをお聞きになる力が備わっております。

おそらく、感じるべきことを頭で考えることが以前よりは少なくなり、心の奥の直感に従えるようになってきたのでしょう。

そして、その直感は間違ってはおりません。

 

 

 

〈魂のもつ力〉
永遠なる知恵と真理を見出す力

〈魂の使命〉
心の中の精神法則から導かれる、崇高な知恵に従って生きること

〈魂の課題〉
率直な感情表現、完全主義、自己不信

〈使命と課題へのアドバイス〉
あなたの使命を克服するには、理想主義、他者の意見といった信奉を捨てて、自分のありのままの感情を尊重できるようになる必要があります。
感じるべきことは頭ではなく、心に湧き出す感情を見つけねばなりません。

 

 

 

ご自分には霊的な力はない、とおっしゃっておられましたが、
実際は、あなた様の魂には特殊な霊性の力が宿っております。

それは癒す能力ともいえます。

 

ですから、あなた様の場合、祈り、癒す対象はご自分で構わないのです。

ご自分が癒されることで、そのエネルギーが人々を癒す力となります。

 

たとえば、
両手を胸の前で合わせ(指を組んでもかまいません)、
目を閉じ、深い呼吸をし、あなたがエネルギーを届けたいという人のイメージを持ち(イメージは具体的でなくてもいいのです。その人の特徴、色、あなたがその人を認識できさえすればなんでもかまいません)、言葉や象徴的な印象で祈りを捧げるのです。

(言葉であれば、「無事でありますよう」「癒されますよう」など)
(象徴的な印象とは、「癒し」が青い玉、「無事」が大きな光、などご自身でしっくりくるイメージのことです)

この祈りは10秒程度でいいのです。
時間の長短は、エネルギーの作用に関係がありません。

 

そして、できるなら一日のうち、どの時間帯でも結構ですから、3回行うことを習慣にしてください。

 

これは、あなたの霊性をもってすれば、充分に効果的であり、おそらく、あなた自身さえも癒してくれるでしょう。

 

繰り返すことで、あなたの霊性は特に明確さを増していくことでしょう。

祈りに儀式などは本来はいらないのです。
神殿なども必要ないのです。
「形」ではありません。

 

あなたは自分に霊性を備えておられるゆえに、それを否定していたのでしょうね。
ですが、これからは、ご自分に宿る崇高なエネルギーをお信じくださればいいでしょう。

この短くともパワーのある祈りは、ある種の秘儀として細々と伝えられてきたものです。

 

宗教には、実質的な力を持つために、富と権力が必要であり、ある意味ではビジネス的に現代では成り下がりつつあるのですね。

 

本来の祈りとは、実際はこのような簡単であることを人々が知ってしまえば、宗教のパワーが失われてしまう危険性があるために、真実、効果のある祈りはこうして、少数の霊性を持つ人々の中で連綿と受け継がれてきたわけです。

 

 

 

そして、供養ということですが、これこそあなたの直感でよいと思うのです。
立派な儀式や供養よりも、その心がもっとも重要であるからです。
古来、人は何も飾り気のない穴の中に、死せる肉体を放り込み、それを供養としてきたのです。

 

その供養にも、「役割」というものが持たされてしまい、死せる肉体を神聖なものとして扱わざるを得ないような教義を化してきた歴史があります。

 

誰もが本当は矛盾を持っていいのです。

 

肉体よりも、その精神と魂こそが人間の本質ではなかったのか?と。

死は瞬間的に肉体から、数十グラムというささやかな物質的な重さを失わせます。
それは、古来では、魂の重さと言われてきたものです。

生まれ出る瞬間に、その数十グラムが加わり、
死と共にそぎ落とされるのですね。

ゆえに、肉体の供養ではなく、まさに、お心こそ本来の供養のあるべき姿だといえます。


最後に、
絵をお描きになっていらっしゃるといっていらした。
これは、あなたの本来持つ能力の活性化、そして運命に沿った方法と合致していますね。

それをご自分で見つけられたということに、私には、あなたがすでに魂の声を聞き始めているという感覚を覚えるのです。

素晴らしい魂をお持ちです。

物質的に「何か」をするのではなく、あなたの持つ偉大な霊性を持って、祈りを届けることが、どんなことよりも、あなたにとっての大切な人々を、また全ての人々を、正しい道へと導いていく使命を帯びているということを、魂はあなたに語っているのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あらゆる道がひとつになっていくヴィジョンがありますね。

生来、お金儲けには執着があるタイプではなかったようです。お金儲け楽しくないし… (^_^;) 楽しいと感じたことを感じたままに伸ばしていけばいいんだなあ、と思います。

 

数秘の方も非常に近い結果になっていて、もろもろの結果の統合というか、向うところが見えるのは不思議な感じがします。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20161022111806j:plain